なりたい髪形を美容師にうまく伝えるコツ

自分がなりたいイメージを正確に伝える

自分の頭の中では具体的なヘアスタイルが出来上がっていても、それを美容師にしっかりと伝えられなければ、施術が終わったときに思い描いていた仕上がりと違うということにもなりかねません。
言葉でどれだけ説明しても相手がどのように受け取るかは分かりませんので、やはりビジュアルで訴えるのが最も効果的です。
その最たる方法がなりたいヘアスタイルの写真を持参することで、切り抜くことが難しい場合はスマホで撮影した画像でも構いません。
あるいはテレビなどによく出ている芸能人のヘアスタイルも参考にできますし、この場合も写真があれば尚いいでしょう。
百聞は一見に如かずということわざもあるように、一目見て分かるのが正確に伝えるには一番の方法です。
美容師としてもその写真の通りにすることができなくても、お客さんが抱いているイメージを大体把握することができます。
そうすることでお客さんとのカウンセリングを、スムーズに進められることもよくあります。

なりたいイメージの希望を遠慮せずに伝える

髪はカットの仕方ひとつによって、印象ががらりと変わることも珍しくありません。
たかがカットと思いがちですが、どのようなカットをするかは大変重要ですので、美容師に自分が望むイメージをしっかりと伝えましょう。
大人っぽい雰囲気になるカットがいいのか、かわいらしい雰囲気がいいのか、はたまた柔らかい印象を与えるカットがいいのかなどを、遠慮なく美容師に伝えることが大切です。
大まかに伝えると却って異なるイメージのヘアスタイルが出来上がりますので、細かすぎると思えるほどに伝える方が美容師としてもイメージしやすくなります。

なりたくないイメージ像も重要

美容室ではなりたいイメージを伝えることに意識が向きがちですが、なりたくないイメージを伝えることも大切です。
なりたくないイメージに仕上がるということは、すなわちなりたいイメージが実現しなかったということが言えます。
そうならないためにもカットしすぎないで欲しい長さや、見た目の印象などをはっきりと伝えましょう。
子どもっぽく見られるのが嫌な場合や、重い見た目にならないようにとの希望があるなら、必ず意思を明確にすることが肝心です。
なりたいイメージとなりたくないイメージをはっきりさせれば、美容師もより最適な施術をすることができます。
大なり小なり思っていたイメージとかけ離れた仕上がりになった経験を、過去に持っている人も多いでしょう。
その時の体験を伝えるのも効果的です。

静岡のPeace 株式会社はヘアカットに関する美容の会社です