ホットヨガの危険性を認識しよう

自律神経の乱れを生じる

ホットヨガというのは高温多湿の環境の中でヨガを行うことを言います。
高温多湿になぜしているのかというと、ダイエットを促進するからです。
ホットヨガの危険性の一つとして、ヨガスタジオから出た時にクーラーの効いた部屋に行くと、温度差故に自律神経の乱れを生じます。


これはクーラー病といった症状と同じようなものです。
レッスン生よりもヨガインストラクターの人がその症状に苦しむことがあるほどです。
1日に温度が違う部屋を行ったり来たりすると、自律神経失調症になる可能性が高まります。

脱水症状になる可能性がある

ホットヨガをするとなると、高温多湿の環境の中で行いますので、汗がかきやすくなるのは想像するのに難くないことです。
汗をかくことはとてもいいことなのですが、それによって脱水症状が起こるのは注意しておきたいことです。
ヨガスタジオでじっとしているだけでも汗をかいてしまうほどの環境ですので、水分補給はしっかりとしなければいけません。
水分補給を我慢する必要はありませんので、レッスン中であっても水を飲むようにしてください。
自分の体調のほうがはるかに大事ですので、ポーズを取っている時であってもしっかりと水分を補給するべきです。
脱水症状になる前に水分補給をしないといけないです。
脱水症状になる前に取り始めるのでは遅いと言われていますので、高温多湿の環境に居るからこそいつもよりも早めに水を取りましょう。

安全にヨガを楽しむなら「書道・ヨガ教室サンルーム」

いつもよりも頑張ってしまい無理な体勢を取ってしまう

ホットヨガが行われている高温多湿の環境というのは、普段よりも体が動いてしまいます。
いつもよりも体が柔らかい状態になりますので、いつもはできないポーズを取ってしまう可能性があります。
こういう環境だから無理をしようと思えばできるのかもしれませんが、そう簡単に柔軟性が高くなるわけではありませんので、無理な姿勢を取るのは止めておきましょう。
けがをしてまでヨガを楽しむ必要はありません。
無理をしてけがをしてしまえば本末転倒ですので、無理をしない範囲でヨガを楽しむことをおすすめします。

普通に利用すればホットヨガでも安全にできる

ホットヨガを利用するといつもよりも効果が出やすいということがあるかもしれませんが、ホットヨガにも危険性がある点には注意をするべきでしょう。
ホットヨガの危険性を十分に把握した上で、自分にとって適切にヨガをやっていただければ十分ではないでしょうか。
自分でできる範囲で楽しむのが一番いいです。