ミセスコンテストでファリナリストになるには何が必要?

最近、大人の女性がその美を競い合うミセスコンテストが数多く開催されています。エントリーしている女性の年齢層も幅広く、これまでにも下は20代から上は60歳以上までの女性たちがミセスコンテストの門を叩いてきました。その中でも勢いがあるのが50代の女性であると言われています。今回はミセスコンテストに参加してファイナリストになるにはどうしたらよいのか解説します。

ファイナリストの共通点とは?

ミセスコンテストでファイナリストになった方には共通点があります。それは、皆健康的な美しさを持っているということです。本来、美しい女性のプロポーションというのは痩せているだけでは足りません。必要な筋肉がついていて初めて美しいボディラインが作れるのです。痩せているだけではウォーキングもままなりませんし、ドレスを着てもドレスの豪華さに身体が負けてしまいます。猫背やO脚の方もファイナリストになるもは難しいでしょう。メイクももちろん大切ですが、もっと大事なのは素肌の美しさです。ただ単に効果な基礎化粧品を使うだけでは、なかなか肌がきれいになりません。食生活にも気を遣って、ビタミンなどの栄養素をまんべんなく摂取する必要があるのです。歯並びの良さも重要です。日本人は歯並びには無頓着な人が多いと言われていますが、ミセスコンテストでファイナリストに残るような美しさがほしければ歯にも注意しましょう。

ウォーキングで大切なのは脚力

ファッションショーでモデルが歩いているのを見れば分かりますが、ミセスコンテストでのウォーキングはただ歩いているだけではありません。どれだけ自分のボディラインを美しk見せるか計算しながら歩いているのです。しかも高いヒールの靴を履いて、まっすぐ歩き続けるにはある程度脚の筋肉も必要です。自分だけではウォーキングを習得するのは難しいという方は、専用のレッスン教室もあるのでぜひご検討ください。

global-unity-japan.jp

スピーチの審査もあるって本当?

ミスコンテストの審査には、ウォーキングやポージングの審査だけでなく、スピーチもあります。ミスコンテストの優勝者はそのあとさまざまなイベントに参加することになるので、人前で話すことに慣れていないといけません。人前で話すことに抵抗がある、苦手意識を持っているという方も当然いらっしゃるでしょう。しかし、そういう方でもミセスコンテストのスピーチ審査で認められないとグランプリにはなれません。スピーチの内容も社会的で高度なものが必要とされることもあります。ミセスコンテストのスピーチ審査でよい評価をもらうには、常に身の回りから社会情勢までアンテナを張っておく必要があるでしょう。