就職活動に向けてのメイクレッスン!

以前職業安定所が開いてくれた、就職活動に向けての横浜のメイクレッスン講座に参加してみました。主婦の方で40代の方から学生卒業後すぐの若い方まで幅広く参加しておりました。まずはなぜスッピンじゃダメなのかから講座はスタートしました。ナチュラルに薄付きではありますがメークは社会人にとっての礼儀だそうです。スッピンでは逆に失礼に当たります。と言われました。ナチュラルなメークを心がけなければなりません。

1、ベースづくり
しっかり洗顔を済ませた後に基礎化粧品ケアをしっかりする事が大切です。薄付きなので隠すことはしませんのでお肌をきれいに保つことが一番大切になるようです。そして、下地を塗って、リキットファンデーションを塗り、パウダーファンデーションを塗る順番ですが、こちらは若い方にはリキットファンデーションは要らないみたいです。

2、アイブロウ(眉毛)
眉毛の色は髪の色に近い色を選びます。女性らしいやわらかい印象に仕上げます。まずは、ペンシルで目頭以外の形を書いていきます。次にパウダーアイブロウをブラシで目頭をぼかすように塗ります。眉毛も濃くキリリとしてはダメですよ。

3、アイライン
アイラインは内側から外へ引いていきます。目元がはっきりしますので、アイラインは細目になら引いても良いです。今の若い子がしているギャルメイクのような、太めのラインや目の下側にも引くことはしてはダメです。

4、アイシャドウ
アイシャドウはラメが入っていないパウダー状の薄い色がベストです。こちらも顔か明るくなる色、ピンクやイエローを選ぶと柔らかい印象で良いです。

5、マスカラ
マスカラも薄付きで。ギャルメイクにはならないよう自まつげに少しマスカラを付けるぐらいにしてください。つけまつげもダメですよ。ビューラーをしてからマスカラをつけナチュラルにしてください。

6、チーク
チークも薄めならつけても大丈夫です。特に30代以上の方になると顔に色が無くなりますので、薄めに付けた方が良いです。オレンジ系が良いみたいですよ。

7、口紅
こちらもピンク系の柔らかい印象になるものが良いです。最近では色付きリップが販売されていますので、健康的な色に見えるなら色付きリップだけでも良い気がします。グロスでテカテカにはしないで下さいね。

女性が面接を受ける時は横浜のメイクレッスンも必要になってきます。女性らしい柔らかく、明るく、面接官に印象を与えられるようにメイクレッスン頑張りましょう。